各フロアのお店

KITTEの中にあるお店

お店はまるで細胞のようだった

東京の丸の内にあるKITTEで撮影。

このKITTEという名の商業施設は日本郵便が運営している。そのため、駄洒落のような名前になっているのだ。「切手」と「来て」という意味が掛けられているらしい。出来て暫くは人が来るけれど、命名者が臨んだ通りに人が来続けてくれるかどうかは分からない。中は吹き抜けになっていて開放感がある。人もそれほどおらず、のんびりと歩き回ることが出来たのだった。

歩いている廊下の反対側に目をやると、各フロアの床と柱に区切られていてまるでそれぞれが細胞のようだった。それぞれの細胞の中には蠢いている人影が見えた。

ENGLISH version is here

撮影情報

フォト NO
9808
撮影年月
2016年4月
投稿日
2016年07月15日
撮影地
丸の内 / 東京
ジャンル
ストリート・フォトグラフィー
アーカイブ
2016年7月 町角 東京
使用カメラ
SIGMA DP2 MERRILL
お知らせ
AMAZONで写真集を好評発売中。モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。
Trivial Moments: Street Photography by Tetsu Ozawa
Tetsu Ozawa Photography

こちらの写真もどうぞ

PAGE TOP