ジョージ・タウンの誰もいない道

誰もいない道
マレーシアのペナン島にあるジョージタウンで撮影 ©オザワテツ
似たような写真

ジョージ・タウンの道には人っ子一人いなかった

昼下がりの通りは誰も歩いていなかった。ここペナン島のジョージ・タウンは首都であるクアラルンプールに次ぐマレーシア第二の都市にもかかわらず、僕が歩いていた場所はまるで廃墟のように静まり返っていた。ここは南国で暑いから、地元の人は暑い真っ昼間は家の中でのんびりしているのだろう。汗びっしょりになりながら歩いているのは僕のような観光客だけだ。

18世紀にイギリス東インド会社の入植から始まったこの町の名前は当時のイギリス国王ジョージ3世に因んだものだ。ちなみにジョージ・タウンという名前の町は世界各地に存在する。イギリス領ケイマン諸島の首都とガイアナの首都もジョージ・タウンだし、イギリス領アセンション島にも、オーストラリア、タスマニア州にもバハマにも存在している。さらに言うと、アメリカ合衆国の中だけで40を超える数のジョージ・タウンが存在している。もっともその全てがイギリス国王に因んでいるワケではないようだけれど。

ENGLISH
2012年7月 町角 マレーシア
寂しさ ペナン島 通り

ペナン島にあるジョージ・タウンってどこ?

PHOTO DATA

No

6606

撮影年月

2008年12月

投稿日

2012年07月10日

更新日

2021年05月26日

撮影場所

ペナン島 / マレーシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

ペナン島で撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ