笙を演奏する男

楽人装束を纏って笙を演奏する男

楽人装束に身を包んだ男性が笙を吹いていた

東京の赤坂氷川神社で撮影。

赤坂の繁華街からそれほど離れていない丘の上にこんもりと木々が生い茂った場所がある。赤坂氷川神社だ。東京の中心部に位置している境内は穏やかな高級住宅街に囲まれていて、境内には鬱蒼と木々が生い茂っている。赤坂の駅からほど近い場所なのに雰囲気は大違いだ。

えっちらおっちらと坂を登り、境内へと足を踏み入れる。すると、どこからともなく雅楽が聞こえてくるのだった。最初はテープで流しているのだろうと思い、境内に雅楽を垂れ流すなんて、どこにスピーカーが設置しているのかと探してしまったけれど、そうではなかった。

しばらくすると、楽人装束に身を包んだ男たちが参道の門をくぐって拝殿の前へと現れたのだった。それぞれが、楽器を演奏している。境内に流れている雅楽はテープに録音されたものなどではなく、この人たちが実際に演奏していたのだ。先頭の男性はを演奏している。二番目の男性が演奏しているのは、篳篥(ひちりき)だろうか。そして、二人の後ろには神職の姿が見える。列を組んで歩いていた人たちは、ゆっくりゆっくりと拝殿へと向かっていた。

ENGLISH version is here

撮影情報

フォト NO
10737
撮影年月
2017年10月
投稿日
2018年09月19日
撮影地
赤坂 / 東京
ジャンル
ストリート・フォトグラフィー
アーカイブ
2018年9月 人々 東京
使用カメラ
SONY ALPHA 7R II
レンズ
SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA
お知らせ
AMAZONで写真集を好評発売中。モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。
Trivial Moments: Street Photography by Tetsu Ozawa
Tetsu Ozawa Photography

こちらの写真もどうぞ

アーカイブ
ポートフォリオ
このサイトを検索
PAGE TOP