石畳の道が続いていた

首里金城町石畳道

沖縄の首里金城町で撮影

関連する写真

石畳の道が住宅街の中に伸びていた。この首里金城町石畳道と呼ばれる古道は琉球王国の国王の居城であった首里城の脇から那覇港や南部方面へと通じている。かつて「真珠道」と呼ばれていたらしい。港に着いた冊封使などはこの道を通って首里城へ向かったのだという。王国の威厳を示すために、石畳で造ったに違いない。

沖縄戦で道の大半は破壊されてしまったようだが、この辺りでは現存する部分が綺麗に保存されていた。歩いていても、ほとんど人と行き会わない。一歩一歩踏みしめながら歩くと、往時の雰囲気を感じられるような気がした。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2007年8月 町角 沖縄
首里 石畳 街灯

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

994

撮影年月

2007年6月

投稿日

2007年08月01日

更新日

2020年01月19日

撮影場所

那覇 / 沖縄

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

首里金城町ってどこ?

Prev & Next