日傘を差した女性が飯田橋の横断歩道をひとりで渡っていた

日傘を差して歩く女性
日傘を差して歩く女性
関連する写真

強い日差しを避けられるだけでなく、肌の大敵である紫外線をもカットできるため、夏場は日傘を差して歩いている女性は多い。最近では女性だけでなく、男性でも使用する人が増えているとメディアで喧伝されるけれど、やはり使用しているのは圧倒的に女性が多い。日本で日傘が一般化したのは、大正から昭和初期にかけて洋風文化が広まったときとされる。和装でも洋式服飾小物を合わせることが流行した中、日傘も女性用のアイテムとして一般化していったという。

では日本で広まった洋風文化の大元であるヨーロッパではどうなのだろうと調べると、意外や意外、現代のヨーロッパでは廃れてしまっている。確かに薄い色の瞳をしている人の多いヨーロッパでは紫外線による目の病気を予防するためにサングラスを掛けている人が多いイメージがあるものの、日傘を差して歩いているイメージはあまりない。目の病気は予防したい一方で、日本人と違って肌は日焼けしたいと考えているふしがあるのだ。肌を日焼けするには日傘は不都合なのだろう。モネの「散歩、日傘をさす女性」にも描かれている日傘を差す習慣はサングラスに取って代わられてしまったのだ。日本の日傘文化も、そのうち同じようにサングラスに取って代わられるのかもしれない。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2022年10月 町角 東京
飯田橋 横断歩道 日傘

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12384

撮影年月

2022年7月

投稿日

2022年10月07日

撮影場所

飯田橋 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS LOXIA 2/35

飯田橋ってどこ?

PREV & NEXT