微笑む屋台主

微笑む屋台主
バングラデシュのダッカで撮影 オザワテツ

屋台主はタキーヤを被って働いていた

男は屋台主だった。タキーヤと呼ばれる帽子をかぶってダッカの路上で商売していた。立派な髭も蓄えている。帽子と髭のコンビネーションは男を典型的なイスラム教徒の様相にしていた。バングラデシュはイスラム教徒が多数を占める国だから、町を歩いているとタキーヤをかぶった男を見かけるのは珍しいことではない。あちらこちらで見かけるし、子どもだってかぶっている

日本でこのような格好をして歩いていると、目立って仕方がないと思う。けれど、ここダッカでは人混みに紛れ込もうと思ったら、日本とは逆にこのような格好をすれば目立たないだろう。やはり木を隠すなら森の中なのだ。

EN

ダッカってどこ?

PHOTO DATA

No

4098

撮影年月

2009年9月

投稿日

2010年05月18日

撮影場所

ダッカ / バングラデシュ

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM