男は見るからにイスラム教徒だった

改宗を勧めてきた男
スリランカのキャンディで撮影
関連する写真

小さなお店の中に重厚な髭を蓄えた男がいた。前を通りかかると、僕に声を掛けてきたのだった。壁にはメッカにあるカアバ神殿の写真が貼ってあり、男はイスラム教徒が被る帽子を被っている。見るからにイスラム教徒だ。

事実、男はイスラム教徒だった。そして、困ったことに執拗に僕に改宗を勧めてくる。いったい何で初対面の外国人に改宗を勧めてきたのだろう。

ここは仏陀の歯を奉納しているという仏歯寺があり、仏教徒にとって聖なる場所だ。そのためかイスラム教徒の影は薄い。それにもかかわらずというのか、だからというのか、この男のように地道に布教活動をしている人もいるのだった。

ENGLISH
2008年8月 人びと スリランカ
帽子 キャンディ イスラム教徒 タキーヤ
キャンディで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

1908

撮影年月

2008年3月

投稿日

2008年08月17日

更新日

2020年01月19日

撮影場所

キャンディ / スリランカ

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

キャンディってどこ?

Prev & Next