ピースサインと腰パン

デニムを腰パンで穿いていた若者
インドネシアのジャカルタで撮影 ©オザワテツ
似たような写真

ジャカルタの工事現場では、腰パンの若者がピースサインをしていた

穏やかな雰囲気の住宅街を歩いていると、工事をしている場所へとやって来た。どうやら、小川に橋を架けようとしているようだ。橋の基礎が川の上に渡してあって、その傍らには若者がしゃがんでいた。かなりラフな格好をしているけれど、工事を行っている作業員だ。僕がカメラを構えているのに気がつくと、サンダル姿の若者は顔の前でピースサインをしてくれた。手の甲を外側に向けたピースサインだった。随分と若々しいピースサインだ。まあ、実際まだ若いのだろう。

よく見てみると、ピースサインの仕方だけでなく、その出で立ちも若々しい。しゃがんでいた若者の腰は丸出しになっていて、デニムの下にはいているパンツの端が見えていた。そう、若者はデニムを腰穿きしているのだった。いわゆる腰パンというやつだ。住宅街の中にある工事現場でも見られるなんて、アメリカの囚人服の風采に由来するとされる腰パンは、ここジャカルタでも若者の着こなしとしてすっかり定着しているようだ。

ENGLISH
2020年8月 インドネシア 人びと
工事現場 ジャカルタ ピースサイン 青年

ジャカルタってどこ?

PHOTO DATA

No

11648

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年08月25日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

日本国外で撮影した写真とエッセイ

被写体別のカテゴリ