雲が低いところに浮かんでいた

波照間島星空観測タワー
沖縄の波照間島にある高那崎で撮影
関連する写真

写真に見える建造物は波照間島星空観測タワーで日本最南端の天文台だ。ここからは本州では見られれない南十字星も見ることが出来るという。地平線の上には雲が横に長く浮かんでいた。

低いところに浮かんでいる雲たちは、まるで天文台を追いかけているかのようだ。その一方で、天文台は天文台で雲から逃げているように見える。鬼ごっこでもしているかのようだ。もし天文台の上で雲に寛がれてしまったら空を観測出来なくなってしまうから、天文台にとっては死活問題なのだ。必死で逃げようとする天文台の気持ちが分かったような気がした。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2007年8月 風景 沖縄
波照間島 地平線 天文台
波照間島で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

999

撮影年月

2007年7月

投稿日

2007年08月04日

更新日

2020年01月19日

撮影場所

波照間島 / 沖縄

ジャンル

風景写真

カメラ

RICOH GR DIGITAL

波照間島ってどこ?

PREV & NEXT