思い出横丁を歩く男

路地を歩く男

男が思い出横丁を通り抜けていた

東京の新宿で撮影。

細い路地の両脇は小さな飲み屋で占められている。このゴチャゴチャした雰囲気は多くの人を惹きつけて、ここはちょっとした名所のようになっている。綺麗に整備された町並みも良いのだろうけれど、そのような場所を散歩してもイマイチ満足することは出来ない。散歩してもあまり面白くないだろう。どこかには雑多な世界が必要なのだ。意識しているかどうかはともかく、多くの人がそう思うからこのような路地が都会の片隅に残っているに違いない。

そんなことを考えながら路地に足を踏み入れると、僕の前を急ぎ足で歩く男がいた。

ENGLISH version is here

撮影情報

フォト NO
9702
撮影年月
2016年1月
投稿日
2016年04月05日
撮影地
新宿 / 東京
ジャンル
ストリート・フォトグラフィー
アーカイブ
2016年4月 町角 東京
使用カメラ
SIGMA DP2 MERRILL
お知らせ
AMAZONで写真集を好評発売中。モノクロ写真108枚を掲載。KINDLE UNLIMITEDでも読めます。
Trivial Moments: Street Photography by Tetsu Ozawa
オザワテツ・フォトグラフィー

こちらの写真もどうぞ

PAGE TOP