眼鏡を掛けた琉装の男性

琉装の男性
沖縄の首里城で撮影 オザワテツ

琉装の男性がいた

首里城で働く男性は琉球王国時代の正装である琉装に身を包んでいた。権力の座はとっくに持ち去られてしまっても、そのような雰囲気は腐心して残しているのだ。町を歩いていても、琉装の人なんて見かけることはない。

身に纏っているものは、前で合わせるようになっていて着物とそっくりだ。でも帽子は本土とはぜんぜん違う。かといって中国の様式とも違う気がする。どこの影響を受けたものなのだろうか。おそらくは中国文化と日本文化の狭間で独自に発展したものなのだろう。

EN

首里城ってどこ?

PHOTO DATA

No

986

撮影年月

2007年6月

投稿日

2007年07月28日

撮影場所

那覇 / 沖縄

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

CANON EOS 1V

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る