サリーを纏った少女

分厚い唇の女の子
バングラデシュのロンプールで撮影 オザワテツ

サリーを着た女の子は首にスカーフのようなものも巻いていた

ロンプールの町を歩いていたら、女の人から声をかけられた。イスラム教徒が多数を占めるバングラデシュで女性から声をかけられるのはかなり珍しい。何事かと思って、女性を見ると横に女の子が立っていた。

声をかけてきた女性はこの女の子のお母さんだった。どうやら、娘さんがカメラを持ってウロウロしている外国人である僕に興味を持ったので、代わりにお母さんが声をかけてきたらしい。興味を持つ、つまり写真を撮ってもらいたいということだ。

カメラを向けると、サリーを着ていた女の子は僕をじっと見据えた。大きな瞳で、しかも力強い。じっと瞳を見ていると、吸い込まれてしまいそうな気がした。

EN

ロンプールってどこ?

PHOTO DATA

No

6459

撮影年月

2009年9月

投稿日

2012年05月22日

撮影場所

ロンプール / バングラデシュ

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM