船首に大きな目玉の描かれた船がこちらに向かって進んでいた

船首に目玉の描かれた船
ベトナムのミトーで撮影
関連する写真

橋の上に立っていると、向こうから船がやって来るのが見えた。ミトーの町はメコンデルタにあって、多くの船が川を行き来している。やって来た船の船首に円な瞳が取り付けられていた。魔除けのたぐいなのだろうか。トルコなのでは瞳には邪視を追い払う力があると信じられている。これも同じような意図で描かれているのかもしれない。

それにしても、瞳が描かれているせいで、それなりに大きな船だけれどまるで小動物のように見える。そして、船自体が自分の意志で航行しているかのようだ。甲板にいる人たちはコバンザメのように、ただくっついているだけで、何処に行くのかは船のみぞ知る状態だったらとても楽しい。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2014年8月 乗り物 ベトナム
ミトー 河川 丸い瞳
ミトーで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

8702

撮影年月

2009年3月

投稿日

2014年08月10日

更新日

2020年06月02日

撮影場所

ミトー / ベトナム

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

ミトーってどこ?

PREV & NEXT