労働者の眼差し

労働者の眼差し
インドのベルハンポルで撮影 オザワテツ

労働者の男が道端で休んでいた

仕事を終えた労働者がベルハンポルの道端で休んでいた。実直な人のようで、写真を撮っていいかと尋ねると、一言も発することなく無言のまま快く応じてくれた。そして、カメラに向かって真っ直ぐに視線を返してくれたのだった。

口を真一文字に結んだ男の視線には力があった。体つきに見合った力強く実直な視線だ。想像するしかないが、きっと日々の仕事ぶりも真面目に違いない。撮り終えてありがとうと伝えると、男はそこでやっと微笑んでくれた。

EN

ベルハンポルってどこ?

PHOTO DATA

No

7246

撮影年月

2011年6月

投稿日

2013年02月12日

撮影場所

ベルハンポル / インド

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る