口髭の両端は尖っていた

立派な口髭の男
インドのコルカタで撮影
関連する写真

労働者の男は道端で休息を取っていた。他の大勢の男と同じように、男も口髭を生やしている。ここでは、口髭を生やしていること自体はそれほど珍しいことではない。でも、男の口髭は個性的だった。両端が鋭く尖っている。触ったら、ナイフのように切れてしまうのではないかと思うほどに鋭く整えられているのだった。

髪型は汗で乱れていてしまっていても、口髭の形は全く乱れていない。口髭に並々ならぬこだわりを持っているに違いない。そんな男にレンズを向けると、力強い視線が返ってきた。男の視線もまた鋭かった。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2015年11月 インド 人びと
コルカタ 労働者 口髭
コルカタで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

9564

撮影年月

2011年6月

投稿日

2015年11月18日

更新日

2020年01月16日

撮影場所

コルカタ / インド

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

コルカタってどこ?

PREV & NEXT