浅草には和服がよく似合う

観音堂から出てきた和服の若い女性
東京にある浅草寺で撮影 オザワテツ

観音堂から和服の女性がお参りを終えて出てきた

浅草寺の境内は参拝客でいつも賑わっている。東京観光の目玉でもある浅草寺は都内で一番の古刹だ。縁起によると建立されたのは大化元年というから、本当だとしたら1400年くらい前のこと。ちょっと胡散臭いと思うのは僕だけではないだろう。何せ大化の改新よりも前のことだというのだ。

本堂前に立って参拝客の流れを眺めていると、和服を纏った若い女性が出てきた。恋人と一緒に参拝に来たようだ。日差しが強かったから、出てくるとすぐさまに日傘を差している。絵になるカップルだった。

歴史ある神社仏閣には和服姿がよく似合うような気がする。最近は浅草の町を和服で散策したいというニーズに応えるべく、着物のレンタル店が浅草に幾つもあるようだ。

EN

浅草寺とは?

浅草寺(せんそうじ)は、東京都台東区浅草2丁目にある東京都内最古の寺である。山号は金龍山。本尊は聖観世音菩薩。元は天台宗に属していたが、昭和25年(1950年)に独立し、聖観音宗の本山となった。観音菩薩を本尊とすることから「浅草観音」あるいは「浅草の観音様」と通称され、広く親しまれている。都内では、唯一の坂東三十三箇所観音霊場の札所(13番)である。江戸三十三箇所観音霊場の札所(1番)でもある。全国有数の観光地であるため、正月の初詣では毎年多数の参拝客が訪れ、参拝客数は常に全国トップ10に収まっている。『浅草寺縁起』等にみえる伝承によると、浅草寺の創建の由来は以下のとお...

浅草で着物をレンタルできるお店

着物をまとって参拝すれば、いつもと違った気分で厳かな気分になれるかもしれない。そのような人のために浅草には着物のレンタルできるお店がいくつかある。

浅草寺ってどこ?

PHOTO DATA

No

1

撮影年月

2004年8月

投稿日

2004年12月01日

撮影場所

浅草寺 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ