二人の男子学生が町角にあるヒンドゥーの祠の前でたむろしていた

ヒンドゥー教寺院の前にたむろしていたふたりの高校生
ネパールのカトマンズで撮影
関連する写真

カトマンズの町中には至る所にヒンドゥー教の寺院がある。ヒンドゥー教は多神教だから、様々な神様が様々な場所に祀られているのだ。そして、カトマンズは人間よりも神様の数の方が多い町なんて言われたりする。この時も、歩いていたら寺院としては小さな、でも祠としたら大きいヒンドゥー教の寺院の前を歩いていた。

ふたりの高校生がその寺院の前でダラダラしている。寺院の扉はきっちりと閉じられている。ひとりは扉の前の階段に腰を下ろし、もうひとりは友達の前に立っている。何をしている訳でもなく、単にたむろしているようだ。

おそらく日本の神社と同じように、ここでも寺院によって祀っている神様が違うのだろうけれど、ここにはどの神が鎮座されているのかは分からない。いずれにしても、寺院は地元の日常生活の中にすっぽりと馴染んでいるように見えた。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2013年9月 町角 ネパール
ヒンドゥー教 カトマンズ 男子学生 寺院
カトマンズで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

7934

撮影年月

2009年7月

投稿日

2013年09月30日

更新日

2020年03月11日

撮影場所

カトマンズ / ネパール

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

カトマンズってどこ?

PREV & NEXT