テオティワカンを南北に貫く死者の大通りの向こうに、太陽のピラミッドがそびえていた

テオティワカン

テオティワカンに建つ太陽のピラミッド

関連する写真

テオティワカンは紀元前2世紀から紀元6世紀まで実際に使用されていた巨大な宗教都市遺跡だ。かつてはメソアメリカの中心都市だったこともあるのだという。しかしながら7世紀頃から衰退し初めて、そのうち放棄されてしまったようだ。今では宗教施設として使われることはなく、メキシコ有数の観光地になっている。遺跡の中央にある大きな目抜き通りを大勢の観光客がのんぼりと歩いていた。

ちょっとした高台に登って遺跡を見渡してみると、遠くの方に太陽のピラミッドがそびえていた。遠くにあるのに太陽のピラミッドは大きい。さすがテオティワカンのシンボルにもなっているだけのことはある巨大さだ。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2012年8月 建築 メキシコ
ピラミッド テオティワカン 世界遺産

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

6744

撮影年月

2010年7月

投稿日

2012年08月25日

更新日

2022年05月02日

撮影場所

テオティワカン / メキシコ

ジャンル

建築写真

カメラ

RICOH GR DIGITAL

テオティワカンってどこ?

Prev & Next