テオティワカン

テオティワカン
メキシコのテオティワカンで撮影 オザワテツ

太陽のピラミッドが遠くに見える

テオティワカンは紀元前2世紀から6世紀まで実際に疲れていた巨大な宗教都市遺跡だ。かつてはメソアメリカの中心都市だったこともあるのだという。でも、7世紀頃から衰退し、そのうち放棄されてしまったようだ。今ではこの国有数の観光地になっている。遺跡の中心には大きな目抜き通りが設けられていて、大勢の観光客がのんぼりと歩いていた。

ちょっとした高台に登って遺跡を見渡してみると、遠くの方に太陽のピラミッドが聳えているのが見えた。太陽のピラミッドはここのシンボルのような存在だ。

EN

メキシコにある世界遺産って何?

メキシコにはここテオティワカン以外にもマヤ文明の遺跡があったりして、遺跡が多いようなイメージがある。それではいったい幾つくらい世界遺産があるのかと調べたら、これがビックリの34個だった。

  • シアン・カアン
  • 古代都市パレンケと国立公園
  • メキシコ・シティ歴史地区とソチミルコ
  • 古代都市テオティワカン
  • オアハカ歴史地区とモンテ・アルバンの古代遺跡
  • プエブラ歴史地区
  • プエブラ歴史地区
  • 古代都市チチェン-イッツァ
  • 古代都市チチェン-イッツァ
  • 古代都市チチェン-イッツァ
  • モレリア歴史地区
  • 古代都市エル・タヒン
  • エル・ビスカイノのクジラ保護区
  • サカテカス歴史地区
  • サンフランシスコ山地の岩絵群
  • ポポカテペトル山腹の16世紀初頭の修道院群
  • 古代都市ウシュマル
  • ケレタロの歴史史跡地区
  • グアダラハラのオスピシオ・カバーニャス
  • パキメの遺跡、カサス・グランデス
  • トラコタルパンの歴史遺跡地帯
  • カンペチェ歴史的要塞都市
  • ソチカルコの古代遺跡地帯
  • カンペチェ州カラクムルの古代マヤ都市と熱帯保護林
  • ケレタロのシエラ・ゴルダのフランシスコ修道会伝道施設群
  • ルイス・バラガン邸と仕事場
  • カリフォルニア湾の島々と保護地域群
  • リュウゼツラン景観と古代テキーラ産業施設群
  • メキシコ国立自治大学(UNAM)の中央大学都市キャンパス
  • サン・ミゲルの要塞都市とヘスス・デ・ナサレノ・デ・アトトニルコの聖地
  • オオカバマダラ生物圏保存地域
  • ティエラアデントロの王の道
  • オアハカ中部渓谷ヤグルとミトラの先史時代洞窟
  • ピナカテ火山とアルタル大砂漠生物圏保存地域
  • テンブレーケ神父の水道橋水利施設
  • レビジャヒヘド諸島

中には建築家ルイス・バラガンが住んでいた邸宅と仕事場なんていうものも含まれていて興味深い。

テオティワカンってどこ?

PHOTO DATA

No

6744

撮影年月

2010年7月

投稿日

2012年08月25日

撮影場所

テオティワカン / メキシコ

ジャンル

建築写真

カメラ

RICOH GR DIGITAL