アパートに囲まれた中庭に立つ小さな仏塔

チョクに建つ目の付いた仏塔
ネパールのカトマンズで撮影 ©オザワテツ
似たような写真

中庭には目の付いた仏塔が立っていて四方に目を光らせていた

小さな仏塔がアパートに囲まれた小さな中庭の一角に建っていた。他の仏塔と同じように瞳と鼻が描かれていて、頭上には小さな傘がちょこんと載っていた。なんでも、仏塔に描かれた瞳は世界を見渡す力を持っているのだという。

カトマンズの辺りでは建物に囲まれた中庭を見かけることが多い。これはネワールの伝統的な建築様式だ。そのような中庭のことをチョクと呼ぶ。チョクは単なるスペース・空間ではなく、地元の人が生活し、コミュニケーションを置こうなう場所でもある。チョクを単位としてコミュニティが形成されるのだそうだ。

ENGLISH
2013年9月 建築 ネパール
中庭 カトマンズ 仏塔

カトマンズってどこ?

PHOTO DATA

No

7931

撮影年月

2009年7月

投稿日

2013年09月29日

撮影場所

カトマンズ / ネパール

ジャンル

建築写真

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

日本国外で撮影した写真とエッセイ

被写体別のカテゴリ