枯山水の庭園の中に岩が見えた

頼久寺の石庭の波紋
岡山の高梁にある頼久寺で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

頼久寺にある枯山水の庭園は小堀遠州によるものだ。造園されたのは400年余りも前のことだという。小堀遠州というと京都で活躍していたようなイメージがあるけれど、一時期この頼久寺に居を構えていたようだ。

石庭の中には大きな岩がどしんと置かれていた。周囲には小石が敷き詰めれている。そして、小石で綺麗に模様が描かれている。波紋のようだ。大きな石が発する波動が小石を通して周囲に広がっていっているように見えた。眺めていると、さざ波の音が聞こえてくるような気がした。

ENGLISH
2007年12月 岡山 静物
石庭 高梁 寺院

高梁にある頼久寺ってどこ?

PHOTO DATA

No

1291

撮影年月

2007年9月

投稿日

2007年12月28日

更新日

2020年01月19日

撮影場所

高梁 / 岡山

ジャンル

静物写真

カメラ

CANON EOS 1V

高梁で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ