本屋の前で寛ぐ人びと

通路で寛ぐ人びと
東京の新宿で撮影 オザワテツ

人びとは暖かな日差しの中で寛いでいた

紀伊國屋書店新宿南口店の入口前の通路にはベンチが設置されていて、人びとが腰を下ろしていた。ベンチはいっぱいで通路脇にしゃがんでいる人や柱に寄りかかっている人もいる。

場所が場所だけに、みな本屋で買った本をそこで読んでいるのかと思いきや、そうではない。他の場所と同じように、ここでもスマートフォンをいじっている人が多いのだ。本好きはこんなところで本を開かずに、近くの喫茶店にでも入って珈琲を飲みながらページを捲っているのかも知れない。それにしても、すぐ近くに数えきれないくらいの本が並んでいるのに、ほとんどの人にとってはあまり魅力的には映っていないのが何とも不思議に思えてしまう。

【後記】残念ながら、沢山並んでいる本を魅力的に思う人の方が少ないというのが事実だったようで、写真を撮った紀伊國屋書店新宿南口店は洋書コーナーを除いて2016年8月に閉店してしまった。

EN

新宿ってどこ?

PHOTO DATA

No

9791

撮影年月

2016年4月

投稿日

2016年06月29日

撮影場所

新宿 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SIGMA DP2 MERRILL