シーク教徒の男のヒゲはボサボサだったが、髪の毛がボサボサかどうかはターバンを巻いているので分からなかった

ターバンを巻いた男
インドのプネーで撮影
関連する写真

町を歩いていたらターバンを巻いた男と行き会った。ボサボサではあるものの立派な髭も蓄えている。その外見からするに、この男はシク教徒だ。インドで最も信者の多い宗教はヒンドゥー教で、次はイスラム教だ。シク教は決して主要な宗教ではないけれど、町を歩いていると男のようにターバンを巻いた男を時折見かけるのだった。

シク教徒には髭を剃らないという習慣があるようで、男の髭もかなり長くなっている。でも今まで一度も剃ったことがないというほどは長くなかった。ここ数年以内には剃ったことがあるような感じだ。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2012年3月 インド 人びと
男性 プネー シク教徒 ターバン
プネーで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

6291

撮影年月

2010年9月

投稿日

2012年03月27日

更新日

2020年05月12日

撮影場所

プネー / インド

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

プネーってどこ?

PREV & NEXT