キャンドヴァンの岩窟の家

キャンドヴァンの岩窟の家
イランのキャンドヴァンで撮影 オザワテツ

キャンドヴァンの村に建つ家々は岩を掘って造られていた

キャンドヴァンの集落に建つ家々は岩盤の斜面をくり抜いて造られていた。丘の斜面は岩窟の家で埋め尽くされている。そして、人々は今でもその家に住んでいるのだった。それだけ聞くと原始時代のような住居を思い浮かべてしまうけれど、家々にはちゃんと扉と窓が設けられていて、電線も引かれているから、家の中には電灯もあって現代的な作りになっているのだろう。家の外観は昔のままだけれど、生活の全てが昔のままという訳ではなさそうだ。

そんな集落を喜々として歩きまわっていると、ニット帽を被った男の子とフードを被った男の子が歩いているのが見えた。ふたりで仲良く歩いている。ふたりの家もやはり岩窟の家なのだろう。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

キャンドヴァンってどこ?

PHOTO DATA

No

124

撮影年月

2000年11月

投稿日

2005年07月22日

撮影場所

キャンドヴァン / イラン

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS KISS

アーカイブ