目を閉じた衛兵

目を閉じた忠烈祠の衛兵

門の前に衛兵が立っていた

台湾の台北にある忠烈祠で撮影。

敷地の入り口にある門の前にはヘルメットを被った衛兵が立っていた。職務上、衛兵は動くことは許されない。たとえどんなに暑くても、額を流れる汗を拭うことさえ出来ないのだ。そんな衛兵にレンズを向けても、やはり微動だにしない。

衛兵が動かして良いのは瞼くらいなのではないだろうか。しかし、衛兵は目を閉じている。何かを考えているかのように目を瞑っている。このままだと、いざという時に動けないのではなかろうかと、要らぬ心配をしてしまった。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

台北にある国民革命忠烈祠ってどこ?

PHOTO DATA

No

846

撮影年月

2007年1月

投稿日

2007年04月15日

撮影場所

台北 / 台湾

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

アーカイブ