耕運機とふたりの男

田圃で働く男
ラオスのムアンシンの町外れで撮影 オザワテツ

二人の男が田圃の中で働いていた

小さな町の郊外には水田が広がっていた。この国の主食はカオ・ニャオと呼ばれるもち米だ。目の前の水田では、来る田植えの時期に備えて、男たちが耕運機で田んぼを耕していた。機械化の波はここにも及んでいる。でも、機械を使うのは耕す時だけで、田植え自体は手作業で行っているようだった。

ここにはまだヤンボーマーボーが活躍する場があるような気がした。ちなみにこの国の米の生産量は約350万トンで、日本の3分の1程度だ。でも、一人当たりの生産量で見ると、日本よりもずっと多い。

EN

ムアンシンってどこ?

PHOTO DATA

No

7371

撮影年月

2008年1月

投稿日

2013年03月26日

撮影場所

ムアンシン / ラオス

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM