男は締め出されてしまったかのようだった

鍵の掛かった扉の前に座る男
モロッコのメクネスで撮影
関連する写真

当て所なく旧市街の路地を彷徨っていると、辿り着いたのは鍵の掛かった扉の前だった。路地は行き止まりだった。扉には錠前がふたつも付いていて、そうそう簡単に開けられるような雰囲気ではない。そして、帽子を被った男が扉の前にしゃがんでいた。

誰か扉の鍵を持っている人が来るのをじっと待っているようだ。僕が現れると、男は期待を込めた眼差しで見つめてきたのだけれど、それは直ぐに失望に変わった。僕は通りすがりの旅行者だもの。男の顔には気の抜けたような笑みが浮かんでいた。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2014年12月 モロッコ 人びと
帽子 男性 メクネス
メクネスで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

8932

撮影年月

2010年1月

投稿日

2014年12月03日

更新日

2020年01月16日

撮影場所

メクネス / モロッコ

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

メクネスってどこ?

PREV & NEXT