人影が路地の外へと出ようとしていた

石畳の路地を歩く人影
東京の神楽坂で撮影
関連する写真

この辺りは散歩していて楽しいところだ。かつての花街に風情のある古い路地が残っているのだ。でも過度の期待は禁物だ。残っているとはいえ、その数はさほど多くなく、ほとんどはどこにでもあるような通りばかりだ。もっと路地が保存されていたら、この町の魅力は何倍にもなっていただろう。

僕が歩いている路地も狭くて薄暗くて、石畳になっていた。路地の先を女性の人影が歩いている。女性は軽やかに明かりの差す路地の出口に向かっている。そこでは、現代の町並みが彼女を待ち構えている。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2005年11月 町角 東京
路地 バック・ショット 神楽坂 シルエット

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

230

撮影年月

2005年9月

投稿日

2005年11月07日

更新日

2020年01月19日

撮影場所

神楽坂 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

神楽坂ってどこ?

PREV & NEXT