ひとりは野球帽を被っていて、もうひとりがターバンを巻いていた

野球帽とターバン
マレーシアのクアラルンプールにある中華街で撮影
関連する写真

クアラルンプールチャイナタウンを歩いているとインド系と思われる男たちと行き会った。チャイナタウンとはいえ、見かける人は華僑ばかりではない。マレー人もいるし、インド系の人もいる。ふたりをインド系と思ったのはターバンだ。右側の男は髪の毛をターバンで隠して髭を伸ばしていた。見るからにシク教徒の格好だ。

インドの人口に占めるシク教徒の割合はとても低く、おおよそ2%程度しかいない。にもかかわらず、かつてイギリスの植民地だったところでは大勢のシク教徒が生活を営んでいる。イギリス当局が植民地でシク教徒を重用したのがその理由らしい。一般的にシク教徒は勤勉と言われているので、そこを買われたのだろう。

シク教徒の人には申し訳ないけれど、ターバンを巻いて髭を伸ばした姿を見慣れていない僕にはなんだか映画に出てくる海賊のように見えてしまう。ちなみにシク教徒の人たちは、教義によってターバンを被らなくてはいけないので、バイクに乗るときもヘルメットの着用を免除されている。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2009年5月 マレーシア 人びと
二人組 クアラルンプール 男性 シク教徒 ターバン
クアラルンプールで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

2790

撮影年月

2009年1月

投稿日

2009年05月14日

更新日

2021年02月16日

撮影場所

クアラルンプール / マレーシア

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

クアラルンプールにあるチャイナタウンってどこ?

PREV & NEXT