ビンディを付けた女性

ビンディを付けた女
インドのベルハンポルで撮影 オザワテツ

眉間にはビンディという赤い点が付けられていた

町角で会ったサリーを纏っていた女性。インドではまだまだサリーを纏って外を出かける女性が多い。そのような女性を見かけると異国情緒に浸れるのだ。写真の女性はカメラを向けると微笑んでくれた。ちょっと照れているようにも見える。女性は耳にピアスをしていて、おでこにはビンディを付けていた。

ビンディとは額に施す装飾だ。もともとはヒンドゥー教徒である証だったようだけれど、今ではファッションのとして付ける人も多いらしい。そのたイスラム教徒でも付けている人がいたりする。いずれにしても、サリーと同じように異邦人に異国情緒を感じさせてくれるアイテムだ。

EN

ベルハンポルってどこ?

PHOTO DATA

No

6937

撮影年月

2011年6月

投稿日

2012年10月28日

撮影場所

ベルハンポル / インド

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM