口に手を当てた女性らしい仕草で微笑む少女

女性らしい仕草の女の子
インドのベルハンポルで撮影 オザワテツ

女の子は突然何かを思い出したように、口を手に当てて笑い出した

ベルハンポルの町で会ったその女の子は照れたのかもしれない。眉間にビンディを付けて、イヤリングをした女の子にカメラを向けると、手を口に当てて微笑みだした。女性らしい仕草だった。でも、視線はカメラにではなく、遠くを見つめている。見知らぬ外国人に写真を撮られる理由を考えていたのかもしれない。

仕草というのは時として、同じ仕草でも文化によって違う意味を持つことがある。日本では指で輪っかを作るとお金の意味になるけれど、大抵の国ではそれは卑猥な意味だったりする。この女性の仕草を見て僕は女性らしさを感じたけれど、インドの人も同じように感じるかのかどうかは分からない。

EN

ベルハンポルってどこ?

PHOTO DATA

No

7549

撮影年月

2011年6月

投稿日

2013年05月24日

撮影場所

ベルハンポル / インド

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM