道路の端にサリーを着て大きなビンディを付けた女性が腰を下ろしていた

道端に腰掛けていた恰幅のいいサリーを着た女

インドのプネーで撮影

関連する写真

プネーで歩いていた道の車道と歩道の間にフェンスが設けられていた。そのようなフェンスがあるのは珍しい。でも、フェンスはボロボロだ。歩道側に傾いているところもあれば、車道側に傾いているところもある。真っ直ぐに立っているのを見つけることの方が難しいくらいだった。

フェンスに沿って歩いていると、サリーを纏った恰幅のいい女性が道端に腰を下ろしていた。眉間にはビンディを付けていて、鼻にはピアスをしている(南アジアでは鼻にピアスをしている女性は多い)。ひとりでボロボロのフェンスの横、車道側に腰を下ろしていたのだった。一体そこで何をしていたのだろう。まさか僕と同じように波打ったフェンスに興味を惹かれた訳ではあるまい。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2011年3月 インド 人びと
ビンディ 鼻ピアス プネー サリー 女性
プネーで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

5248

撮影年月

2010年10月

投稿日

2011年03月02日

更新日

2020年12月12日

撮影場所

プネー / インド

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

RICOH GR DIGITAL

プネーってどこ?

Prev & Next