安東民俗村の瓦屋根

安東民俗村の瓦屋根

屋根は緩やかな弧を描いていた

韓国の安東民俗村で撮影。

この安東民俗村には安東ダムの建設により水没してしまった地域の家屋が移築されている。写真の建物もその中のひとつ。伝統的な韓屋は瓦屋根だった。屋根の上に並べられた瓦の端には紋様が施されている。屋根だけ見ると、日本家屋と見分けがつかなかった。

すっかり珍しくなった伝統的な町並みは、韓流ドラマの太祖王建のロケ地にもなっているのだという。でも、僕が訪れたときはあまり他にはやってきている人も少なく、村には寂しげな空気が漂っていた。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

安東民俗村ってどこ?

なぜ韓国ドラマではなく韓流ドラマなのか

不思議なことにアメリカのテレビドラマはアメリカのテレビドラマと呼ばれるのに、韓国のテレビドラマは韓流ドラマと呼ばれる。しかも、読みは「かんりゅう」ではなくて、「はんりゅう」だ。「韓」という字の音読みは「カン」で訓読みは「から」だから、辞書を見ても「ハン」という読みは出てこない。

韓国では日本の大衆文化の流行を指して日流というらしい。それに合わせて日本でも韓国大衆文化を韓流と呼ぶ言葉が生まれたようだ。読み方も朝鮮語の「韓」の発音に合わせて「はんりゅう」にしたというのが本当のところのようだ。メディアでも使われるようになって一般的化しつつある。そのうち、辞書にも「ハン」という読み方が載る日が来るのかもしれない。

PHOTO DATA

No

8034

撮影年月

2008年6月

投稿日

2013年11月02日

撮影場所

安東 / 韓国

ジャンル

建築写真

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

アーカイブ