切れ長の瞳の男の子

こなれた感じでカメラを見る男の子たち

二人の男の子はこなれた感じでカメラを見た

ラオスのルアンパバーンで撮影。

ふたりの男の子がワット・シェントーン近くの川原で遊んでいた。ふたりとも切れ長の目をしている。カメラを向けると手前にいた男の子は笑ってくれたけれど、もうひとりの少年の目は笑っていなかった。いずれにしても、こなれた感じの対応だ。

この歴史ある町には大勢の旅行者が訪れるので、外国人を目にすることも、外国人に写真を撮られることも特に珍しくないからだろう。外国人旅行者の相手をするのなんて、お手のものに違いない。でも、お金を請求してこないのでまだ観光客すれはしていないようだ。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ルアンパバーンってどこ?

PHOTO DATA

No

1416

撮影年月

2008年1月

投稿日

2008年02月21日

撮影場所

ルアンパバーン / ラオス

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

アーカイブ