バスの運転手はおでこに絆創膏を貼っていた

おでこに大きな絆創膏を貼った男

マレーシアのクアラルンプールで撮影

関連する写真

一台のバスが信号で停まっていた。運転席の脇の窓は開いている。そして、運転手が窓の外を見ていた。おでこに大きな絆創膏が貼っている運転手だった。

僕と視線が合うと、運転手はちょっと威嚇するような顔つきをした。おでこにあるものを凝視するんじゃない、と言っているように見えた。本当にそう思っていたのかどうかは分からない。いずれにしても、おでこに存在感を放っている絆創膏は、厳しい顔つきをどことなく戯けてた顔のように見せている。そんなことを思っているうちに信号は青になり、バスは走り去っていった。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2014年7月 マレーシア 人びと
バス 運転手 クアラルンプール
クアラルンプールで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

8626

撮影年月

2009年1月

投稿日

2014年07月03日

更新日

2020年01月16日

撮影場所

クアラルンプール / マレーシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

クアラルンプールってどこ?

Prev & Next