額には帰依の印

サドゥー

広場の一角にサドゥーが腰を下ろしていた

ネパールのパタンにあるダルバール広場で撮影。

ダルバール広場の一角にサドゥー がいた。サドゥーとはヒンドゥー教でヨガの実践者や放浪する修行者のことを指す。神聖な存在だけど、中には修行とは関係なく、単にサドゥーの服を着て外国人観光客に有料で写真を撮らせたり、横柄に喜捨を強要することで生活している「観光サドゥー」も多いという。このサドゥーは僕の姿を見つけると、いそいそと声を掛けてきた。そして、僕はカメラを構えてシャッターを切ったのだった。

観光名所で外国人旅行者を探していたようという事実を鑑みると、まるで俗世から離れているようには見えない。小銭と引換に見せてくれた微笑みからは限りなく観光サドゥーの雰囲気が漂っていた。

ENGLISH version is here

撮影情報

フォト NO
7244
撮影年月
2009年6月
投稿日
2013年02月12日
撮影地
パタン / ネパール
ジャンル
ポートレイト写真
アーカイブ
2013年2月 ネパール 人々
使用カメラ
CANON EOS 1V
レンズ
EF85MM F1.2L II USM
お知らせ
AMAZONで写真集を好評発売中。モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。
Trivial Moments: Street Photography by Tetsu Ozawa
Tetsu Ozawa Photography

こちらの写真もどうぞ

アーカイブ
ポートフォリオ
このサイトを検索
PAGE TOP