前のめりの男の子と訝しげな男の子

前のめりの男の子と訝しげな男の子
インドのプネーで撮影 オザワテツ

ひとりの男の子はカメラのすぐ前に立ちはだかった

路上で行き会った他の男の子と同じように、このふたりの男の子も好奇心いっぱいだった。もちろん、興味の対象は見慣れない外国人と、やはり見慣れない大きな一眼レフだ。ふたりは物怖じせずに僕のいところにやって来た。

ひとりは僕の目の前に立つと、前のめりになりながら大きな瞳で僕を見ている。まるでレンズの中にまで入ってきそうな勢いだ。その一方で、もうひとりの男の子は用心深いのか、それとも、ちょっと怖いのか前のめりにはなっていない。友達の背後から首を伸ばしながら訝しげな視線を投げかけてきていた。不測の事態に備えて、安全な場所に身を置きつつ、僕の様子を窺っているように見えた。

EN

プネーってどこ?

PHOTO DATA

No

9510

撮影年月

2010年9月

投稿日

2015年09月27日

撮影場所

プネー / インド

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る