顔に囲まれた親指

顔に囲まれた親指
バングラデシュのダッカで撮影 オザワテツ

誰かが顔の前に親指を立てていた

バングラデシュの人には好奇心が旺盛な人が多い。同じベンガル地方でも、インドに組み込まれた西ベンガル州の人々はそれほどでもないような気がする。この差は何なのだろう。同じベンガル人なのに。国が別れて数十年立った結果がここに現れているのかもしれない。バングラデシュで大きな一眼レフを抱えて歩いていると、直ぐに地元の人に囲まれて、ベンガル語訛りの英語で質問攻めにあってしまう。集まってきたのが子どもたちだと興奮状態の渦中に放り込まれてしまうのもしばしばだ。

ダッカでこの写真を撮った時も、僕の周囲には顔がいくつも並んでいた。異口同音に何かを話しかけてきたいるけれど、何を話しかけられているのかは分からない。そのような中、僕の真正面に誰かの親指が立てられていた。

EN

ダッカってどこ?

PHOTO DATA

No

8289

撮影年月

2009年9月

投稿日

2014年02月01日

撮影場所

ダッカ / バングラデシュ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る