路地の両脇には沢山のリクシャー

寛ぐリクシャワラー
インドのコルカタで撮影 オザワテツ

大勢のリクシャワラーが休んでいた

ルンギを穿いた男が道端に停めたリクシャーの上で寛いでいた。通りの両脇にはどちらにもリクシャーも停められていて、それぞれのリクシャワラーが同じように寛いでいる。この路地はリクシャワラーの溜まり場になっているのかもしれない。リクシャワラーはリラックスした状態でのんびりと客が来るのを待っているのだった。のどかな昼下がりは、リクシャワラーにとっては暇な時間のようだ。

よく見てみると、リクシャーの下で犬が横になっている。死んだように寝ているようだ。ここで寛ぐと決めているのは人間だけではないのだった。

EN

コルカタってどこ?

PHOTO DATA

No

6809

撮影年月

2011年7月

投稿日

2012年09月16日

撮影場所

コルカタ / インド

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

OLYMPUS PEN E-P2

レンズ

M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42MM