大きな広告が歩道の横に掛けられていた

広告の横を歩く男
東京の池袋で撮影
関連する写真

この場所はサンシャインのすぐ近くで繁華街からも遠くはないのに、使いたいと思う人は誰もいないようだ。建物も建っておらず、遊休地になっていた。そして、歩道側には土地を隠すかのように大きな広告スペースが設けられている。人通りもあまりなく、ただでさえ寂しい雰囲気を広告の看板がより一層強調しているような気がした。

広告の前に立ち止まっていると、若者が向こうからやって来た。若者は急ぎ足で広告の前を通り過ぎていく。こんな寂れた雰囲気のところに長居したいと思う人間はいないのだ。

ENGLISH
2007年5月 町角 東京
広告 池袋 青年
池袋で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

879

撮影年月

2007年4月

投稿日

2007年05月02日

更新日

2020年01月19日

撮影場所

池袋 / 東京

ジャンル

夜間写真

カメラ

RICOH GR DIGITAL

池袋ってどこ?

Prev & Next