壁の上の方にはチャーチルのポスターが掲げられていた

チャーチルのポスター
スリランカのキャンディで撮影
関連する写真

町の中心部を歩いていた。通りにはお店は建ち並んでいる。そして、壁という壁には看板が出ていた。大勢の人たちが歩いていて町は賑わっている。そんな町の中を歩いていると、ユニークな看板が目に入ってきた。もっとも、珍しいと思うのは異邦人の僕だけであって、ここではありふれたものなのかもしれない。

ショッピングモールに掲げられていた看板にはチャーチル元英国首相の肖像が使われていたのだ。植民地相(今では考えられない肩書だ)も務めたことのあるチャーチルはかつての植民地の往来を今でも眺めている。このように人物をポスターに使用する場合、肖像権の類いはどうなるのだろう。芸能人ならいざしらず、チャーチルは公人扱いにでもなって自由に使えるのだろうか。いずれにしても、かつての宗主国の首相が独立を果たした植民地の町角のポスターにいるというのは何だかしっくりと来ない。スリランカの人たちにとって、チャーチルはどのような存在なのか気になって仕方がなかった。

ENGLISH
2008年8月 町角 スリランカ
広告 キャンディ 看板
キャンディで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

1922

撮影年月

2008年3月

投稿日

2008年08月22日

更新日

2020年01月19日

撮影場所

キャンディ / スリランカ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

キャンディってどこ?

Prev & Next