瞳の描かれたオート三輪の男

瞳の描かれたトラック
インドのコルカタで撮影 ©オザワテツ
似たような写真

道端に泊まっていたオート三輪に小さな瞳が描かれていた

コルカタで歩いていた通りにオート三輪が停まっていた。オート三輪の前部には控えめに瞳が描かれていた。魔除けの類なのだろう。瞳に魔除けの力があると考える文化は多い。ここインドでも幼い子どもに魔除けの意味でカージャルというアイラインを施すし、モロッコなどのマグレブ諸国でもファティマの目と言われる瞳のデザインを魔除けに使うし、トルコでもナザール・ボンジュウと呼ばれるお守りがあったりする。このオート三輪に描かれた瞳も同じように災いをはねのけるためのものなのだろう。

そもそもオート三輪という車両自体、日本ではすっかり見なくなった。ちょっと懐かしく感じて、ジロジロ見ていると運転席に口髭を蓄えた男が腰掛けていてこちらを見ていたのに気がついた。男はジロジロとオート三輪を眺めている僕を不思議そうに眺めていた。

ENGLISH
2011年10月 インド 人びと
コルカタ 男性 トラック

コルカタってどこ?

PHOTO DATA

No

5804

撮影年月

2011年6月

投稿日

2011年10月14日

撮影場所

コルカタ / インド

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ