ふたりの男の眼差し

鋭い視線を投げかける男
インドのアウランガバードで撮影 オザワテツ

二人とも鋭い視線を僕に投げかけてきた

町を歩いていると、ふたりの男がやって来た。ひとりは野球帽を被っていて、もうひとりは髪を横分にしていた。僕の前に立ち止まると、ふたりは一斉に僕のことを凝視し始めた。

ふたりの表情は固い。カメラを構えても表情を変えることなく、じっと見つめたままだ。時間が止まってしまったかのような緊張感が走った。表情からは、ふたりが何を考えているのかは分からない。僕はただただ写真を撮られるのを楽しんでくれていればいいなと祈りながらシャッターを切るばかりだった。

EN

アウランガバードってどこ?

PHOTO DATA

No

9406

撮影年月

2010年9月

投稿日

2015年08月06日

撮影場所

アウランガバード / インド

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM