瞳には力が感じられなかった

くつわをはめた驢馬
モロッコのムーレイ・イドリスで撮影
関連する写真

路地は狭くてトラックは通れないから、荷物を運搬するのに驢馬は重宝されている。しかも、いくら働かさせても、排気ガスを出さないので環境にも優しいのだ。でも、これは人間の視点から見た場合であって、実際に思い荷物を背負わされる驢馬にしてみればたまったものではないだろう。

写真の驢馬は虚ろな目をしていた。覇気というものが感じられない。日々の重労働で疲れ切ってしまっているのかもしれない。絶対に生まれ変わったら人間になりたいと思っているに違いない。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2014年12月 動物 モロッコ
驢馬 ムーレイ・イドリス
ムーレイ・イドリスで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

8969

撮影年月

2010年1月

投稿日

2014年12月21日

更新日

2020年01月16日

撮影場所

ムーレイ・イドリス / モロッコ

ジャンル

動物写真

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

ムーレイ・イドリスってどこ?

PREV & NEXT