ルンギを穿いてタキーヤをかぶった男が両手を広げておどけてくれた

タキーヤを被った男
バングラデシュのダッカにあるショドル・ガットで撮影
関連する写真

写真の男性はイスラム教徒特有の帽子を被っていた。陽気な男で、カメラを向けると両手を広げて戯けてくれた。バングラデシュの人口の80%超がイスラム教徒である。バングラデシュとはベンガル語でベンガルの国を意味するのだが、ヒンドゥー教徒が多かった西半分は、今はインドの西ベンガル州になっている。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2010年2月 バングラデシュ 人びと
ダッカ イスラム教徒 タキーヤ 青年
ダッカで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

3743

撮影年月

2009年9月

投稿日

2010年02月24日

更新日

2022年02月17日

撮影場所

ダッカ / バングラデシュ

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

ショドルガットってどこ?

PREV & NEXT