男はロティを焼いていた

ロティを焼く男
インドのムルシダバッドで撮影
関連する写真

レストランの店先に水色のルンギを穿いてタンクトップを着た男が腰を下ろしていた。男の前には大きな鉄板があって、その上には丸い物体が置かれている。男はロティを焼いている最中だった。

カメラを向けると、男はレンズを見てくれた。でも、仕事の手を止めることはない。男は長い棒で時折ロティをひっくり返し続けていた。鉄板の上のロティは美味しそうなきつね色になっていた。見たところ、この辺ではロティは自家製であることが多いようだ。傍らにはまだ丸い形になっていないロティの生地も見える。これが焼き上がったら、また他のロティを捏ねて焼くのだろう。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2012年1月 インド 人びと
ムルシダバッド レストラン ロティ
ムルシダバッドで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

6116

撮影年月

2011年7月

投稿日

2012年01月29日

更新日

2020年01月17日

撮影場所

ムルシダバッド / インド

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

OLYMPUS PEN E-P2

レンズ

M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42MM

ムルシダバッドってどこ?

PREV & NEXT