ラージャー・ケールカル博物館の前の小学生

社会科見学に訪れた小学生たち
インドのプネーにあるラージャー・ケールカル博物館の前で撮影 オザワテツ

小学生たちがラージャー・ケールカル博物館に社会科見学で訪れていた

プネーにあるラージャー・ケールカルという博物館にやって来た。ここはディンカル・ケールカル博士のコレクションを展示している博物館だ。中に入ろうとすると、建物の前で大勢の小学生と行き逢った。どの男の子もお揃いの小洒落たチェック柄の制服を着ている。おそらく社会科見学の一環としてこの博物館に来たのだろう。

男の子たちは僕の持っているカメラを見つけると楽しそうに騒ぎ出す。その様子を眺めていると、教室で勉強するよりも外に出られた方が楽しいから笑っているのか、単に僕にカメラを向けられているから笑っているのか、どちらなのかは判断することは難しい。ひょっとしたら、その両方なのかもしれない。

EN

ラージャー・ケールカル博物館とは?

ラージャー・ケールカル博物館は、プネー、マハーラーシュトラ州、インドにある博物館。ディンカーG.ケールカル博士(1896年〜1990年)のひとり息子、ラジャに捧げられた博物館は、博士のコレクションを展示しているものです。3階建ての建物は、14世紀にさかのぼる様々な彫刻を所蔵しています。また、象牙、銀、金で作られた装飾品、楽器、戦争用の武器もあります。

プネーにあるラージャー・ケールカル博物館ってどこ?

PHOTO DATA

No

5279

撮影年月

2010年10月

投稿日

2011年03月10日

撮影場所

プネー / インド

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

RICOH GR DIGITAL

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る