旧市街の町角に腰を下ろしていた老人の髭は白く、よく手入れされていた

白くて立派な髭を蓄えた老人
ネパールのカトマンズで撮影
関連する写真

カトマンズの道端で行き会った老人はバドガウンレ・トーピーと呼ばれる帽子をかぶっていた。この老人と同じような帽子をかぶっている人は多い。ネパールの伝統的な帽子なのだ。

老人は白くなっているものの、手入れの行き届いた立派なを蓄えていた。両端が下に垂れている。これで両端が上にピンと反り返っていれば、立派なカイゼル髭になるのだが、それほどの意気込みは感じられなかった。

髭にばかり気を取られていたのに気がついて、慌てて老人の顔全体に目を向けたら、うつろな顔をしていた。僕を見ているような、見ていないような焦点が定まっていない視線だった。ひょっとしたら見知らぬ人間から写真を撮らせてくれなんて言われて緊張していたのかもしれない。

ENGLISH
2009年10月 ネパール 人びと
うつろな顔 帽子 カトマンズ 口髭 老人
カトマンズで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

3310

撮影年月

2009年6月

投稿日

2009年10月25日

更新日

2021年10月07日

撮影場所

カトマンズ / ネパール

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

カトマンズってどこ?

Prev & Next