空き地にあったシヴァリンガ

空き地にあったシヴァリンガ
ネパールのキルティプルで撮影 オザワテツ

空き地の片隅にシヴァリンガが置かれていた

古い町並みの中をウロウロしているうちに山腹にあった空き地へと辿り着いた。子どもたちが遊んでいる。そして、子どもたちの脇にはシヴァリンガが置かれていた。男性器の象徴であるリンガと女性器の象徴であるヨーニが一緒になっているもので、これは生命の根源を表しているのだという。もちろん立派な礼拝の対象だ。後ろにはシヴァが持つとされる三叉の鉾も立てられている。

キリスト教やイスラム教とはかなり違って、ヒンドゥー教ではしばしばこのような性愛的な表現がなされるところが面白い。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

キルティプルってどこ?

PHOTO DATA

No

7763

撮影年月

2009年7月

投稿日

2013年08月04日

撮影場所

キルティプル / ネパール

ジャンル

静物写真

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

アーカイブ