係船柱に腰を下ろした男の子

係船柱に腰を下ろした男の子
バングラデシュのダッカにあるショドルガットで撮影 オザワテツ

男の子はぼんやりと水面を眺めていた

男の子が係船柱に腰掛けていた。「係船柱」とは船を係留するロープをつなぎ止めるための出っ張りだ。男の子はぼんやりと水面を眺めている。ショドルガットと呼ばれる波止場では大勢の男の子たちを見かける。友達と遊んでいる子もいれば、大人たちに混じって働いている子もいる。

この子はひとりで腰掛けていて、そのどちらでもないようだった。物思いに耽っているように見える。嫌な一日だったのかもしれない。河の上では舟が蠢いていた。舟にはエンジンが付いていないので、漕手が船尾に立って漕いでいた。

EN

ダッカにあるショドルガットってどこ?

PHOTO DATA

No

8145

撮影年月

2009年9月

投稿日

2013年12月09日

撮影場所

ダッカ / バングラデシュ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る