道端の赤ん坊

楽しそうな赤ん坊
カンボジアのプノンペンで撮影 オザワテツ

赤ん坊は楽しそうだった

道端では大勢の露天商が商売をしていた。おそらくトンレサップ川で採ったのだろう魚やら、野菜やらを売っている。露天商のほとんどは女性だった。この辺りでも、このような商売をするのは女性と相場が決まっているようだ。

そんな露天商の中に、赤ん坊を抱えながら働いている人がいた。売り物が入った籠を前に置いて、赤ん坊をあやしながら働いている。そして、赤ん坊は楽しそうに笑っていた。賑やかな場所だった。赤ん坊は、お母さん以外の大人たちにも見守られながら、すくすくと育っていくのだろう。

EN

プノンペンってどこ?

PHOTO DATA

No

80

撮影年月

2000年8月

投稿日

2005年05月10日

撮影場所

プノンペン / カンボジア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS KISS

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る